未病、健康、抗老化、元気を標榜する様々な事業者へ支援を行う団体です。

健康事業支援機構とは…

未病ケア、治療をはじめとした健康を標榜する全ての事業者の方々へ支援を行う団体です。

◇設立目的◇
「健康」とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、
すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳より抜粋)
また、今後は「健康」と「病気」の二分論ではなく、健康と病気の間を連続的に捉える「未病」においての考え方が、
健康寿命の延伸には重要になると言われています。

私たちが健康で心豊かに生き生きと過ごしていくためには、単に長寿であるだけではなく、
「いかに‶健康〟で過ごす期間を長く保つか」と、それを実現するための「未病の対策」が、健康で過ごす大きな課題だと言えます。

この定義に基づき、「健康」「未病」「疾病」に関連する事業の推進と支援をすることで、
健康の保持増進に寄与することを目的に設立されました。

◇設立目的◇
「健康」とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、
肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、
すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳より抜粋)
また、今後は「健康」と「病気」の二分論ではなく、健康と病気の間を連続的に捉える「未病」においての考え方が、健康寿命の延伸には重要になると言われています。

私たちが健康で心豊かに生き生きと過ごしていくためには、単に長寿であるだけではなく、
「いかに‶健康〟で過ごす期間を長く保つか」と、それを実現するための「未病の対策」が、
健康で過ごす大きな課題だと言えます。

この定義に基づき、
「健康」「未病」「疾病」に関連する事業の推進と支援をすることで、健康の保持増進に寄与することを目的に設立されました。

主な支援事業

【未病ケア推進事業】
健康事業支援機構
未病ケア推進室

日本人の2人に1人が一生のうちに一度は
がんになる時代。未病の時から「がんを予防する」
という考え方も健康長寿には必要ではないでしょうか。
健康事業支援機構ではNPO法人未病リサーチスクエア協会の
未病対策支援の一環で、
未病におけるがん予防と再発対策の推進に取り組みます。

【医療通訳士育成事業】
医療通訳アカデミー東京
事務局

日本の良質な医療とサービスを求めて
アジア諸国からの渡航者が増加しています。
またそれに比例して言葉や慣習などによる問題が
多くみられるようになりました。
国際医療交流を推進するにあたり、医療コーディネーター、
医療通訳士の質の向上は急務となっています。

【がん治療・予防事業】
がん遺伝子治療友の会
運営支援

がん治療の分野は日進月歩です。
標準治療における手術療法、放射線療法、化学療法、
第4分野としての免疫療法。
そして現在、ゲノム解析の研究が進み、
がんは遺伝子変異から起こる病気としてがん遺伝子治療も新たなるがん治療方法として期待されています。
友の会ではがん難民を無くすためにがん治療と
がん予防への生活者へ啓蒙・啓発に取り組んでいます。

運営法人概要

法人名              一般社団法人 健康事業支援機構
                             (略称 HSO)
所在地              〒112-0002
                             東京都文京区小石川1丁目28−3
                             NIS小石川ビル2階

代表電話番号 03−5805−0258

代表FAX       03−5805−0259

メール             info@hso.org

設立     平成26年7月29日

理事長    手代木秀一

理事     金子康則

       相生君夫

       川口雄暉

       長野匡行

       森 正三

監事     佐久間秀行

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5805-0258

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 健康事業支援機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.